婚約指輪を男性だけで決めちゃ駄目

婚約指輪を男性だけで決めて、相手に贈ってそれで100パーセント喜んで貰えると思っている人は自信家すぎます。

欧米ではどうか分かりませんが、日本では二人で決めるものっていうのが婚約指輪のイメージです。

突然、婚約指輪を取り出してプロポーズに感激する女性は少数という現実をまず知っておいてくださいね。

少なくとも婚約指輪は女性と一緒に選びましょう。

好きな相手に贈られた婚約指輪をイヤと思う人はいなくても、どうせなら一緒に選びたかったと思うのが普通です。

予算を言ってくれれば、その予算内で一番気に入った婚約指輪を選びたいというのが女性心理なんです。

ダイヤモンドを選ぶのでも、ある女性は大きさ、ある女性は品質という具合に考え方も違うんですね。

枠のデザインも、婚約指輪を普段着けるのか、着けないのかも女性によって考え方が違うんです。

プロポーズの仕方なんてセオリーはないと思いますが、どういうプロポーズを喜んでくれるのか、どういう婚約指輪がいいのかは相手に相談したらいいこと、決してサプライズが一番いい方法ではないんです。

なし崩しで結婚というのはもちろん絶対反対ですが、サプライズも絶対反対の立場の意見でした。